母が倒れてから!5月23日

2013 7月 18 母が倒れた 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by 大崎 華

5月23日

病院に行くなり、
「来てくれたんか?」
「忙しいのに!」
「オシッコいって来るわ!」
ちゃんと仕事を理解してる?
驚いた。
オシッコ?えっ?寝たきりのはずなのに?
朝、オシッコの管をとったそうだ。管を取るともよおして来る感覚があるのだろうと思った。
いままで、オシッコに行くとか行きたいとか言わなかったから驚いた。
良かった。
看護婦さんにつれていってもらい、トイレの中に!
「出たでた!」
しばらくして看護婦さんの声。
もう、いい?
「もうちょっと!」
良かったなあ〜,おしっこがちゃんと出るってこんなにありがたい事なんだと思った。
「もうすぐでるわ。」
「出そうででえへん。」
笑える。

「背中がかゆい」かゆいかゆいばかり。
「かいてえなぁ」
「腰いたいねん!」
「手が昨日からいたいねん。」
鼻がもうだいぶ良くなってるねん。
かゆいとこかくから、赤くなってるねえ?「かくからやなぁ!」
「エッちゃん遠いからなあ!
あんまり帰ってけえへん。」
妹が兵庫県の方に住んでるのであまり来れず、ひ孫の世話も大変だと説明すると
「ひ孫大変やなあ!」
と言う。
ひまわりのホームの話をすると
同じホームの中森さんを覚えている様子。
「中森さんは、いい人やで」
母の年を伝えると
「私は、85歳やけど中森さんは、96歳、へぇ???」
「昔は、みんなはよ死んだのに
今は、長生きやなぁ」
と言う具合に何処までも話が続く。
過去の話も一部は、覚えているし、自分の考えも言えるようになって来た。
ホームにいた頃ほどでは、ないけれどかなり、話が通じるようになって来た。
ホッとした。
良かった。
お母さん、生きててくれてありがとう。
まだまだ生きてて欲しい。
まだまだ、できていない娘やから、相談に乗ってや!
お願いします。
大崎 華

«  母が倒れてから!5月23日  »

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment