小児がんが増えている。

福島原発事故の放射能汚染が原因で鼻血が出る、下痢になるなど明らかに放射能の影響かと思われる反応が一部の子どもたちに出ているそうです。
チェルノブイリでは、原発事故が起きた時に、国の政策ですぐさま危険な放射能地域の住民を避難させたといいますが、その子供たちの症状と共通している症状が福島の子どもたちにも出ているそうです。しかし、福島では、その危険といわれた地域の何倍も危険な地域に今でも人が住んでいるとか。日本の国の政策では、真実を隠しているとしか言えない大変な地域があるのです。

子供たちががんにならないように抗酸化物質を毎日とるようにしてあげてください。

毎日の食事が、危険であればあるほど酸化した細胞が増え、がんの細胞が発生しやすくなります。毎日、お味噌や還元塩、発酵食品や抗酸化力の高いミネラル成分、ビタミンC、A、きのこ類や海藻類(若布や昆布)をどんどん食べさせてあげてくださいね。コンビにのお弁当は危険。添加物は,体温を下げます。

体温の低い子供たちが増えています。ある、インフルエンザが流行したときに小学校の学級閉鎖で平均体温を測ったら、35度台後半。

がんは、35度で増殖します。40度弱で死滅するそうです。できるだけ、体温を上げる工夫もしてください。日ごろから、毎日こつこつすることが大切です。

 

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment