スーパ-醗酵黒にんにく販売した理由

2016 8月 23 黒にんにくの力 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by 大崎 華

日本の医療を変えるかもしれない

なぜ当社が「スーパー醗酵黒にんにくを販売しているのか」
お話をさせていただきたいと思います。

私が2010年3月よりこの商品を販売するきっかけになったのは、当社のお客様の一言でした。

私は、にんにくは嫌いでしたので、この商品に出会った時は、気にも留めずにいたくらいでした。

黒にんにくの開発をした社長とは、健康食品関連のメーカーが集うセミナー会場で出会いました。

ギラギラした目つきで
「もうすぐガンに効果のあるものが出来るんや!」
と突拍子もない話をされた事を今でもハッキリと覚えています。

そんな話があるはずがないと
私は頭から聞く耳を持っていませんでした。

社長から黒にんにくのサンプルをたくさんいただいたのですが、

私は味をみることもなく、事務所においてありました。

ある日、当社のお客様で友人でもある60歳くらいの女性に、以前いただいた黒にんにくのサンプルを差し上げたのです。

すると「これおいしいね~」との答えが返ってきました。

そんなにおいしいのならと
そこで私も食べてみることにしたのです。

子供の頃から、食べず嫌いの私ですが、
なんとか食べる事が出来て
意外においしいと思ったのです。

それからしばらく経って、
彼女が末期の肝臓ガンになってしまわれました。

私としては何とかしてあげたかったのですが、手だてがなく、どうしたものかと悩みました。

その後、彼女から電話があり、
「あの黒にんにくを食べたいんだけど買えますか?」
と聞かれたのです。

私は、まったく販売するつもりもなかったのですが、
少しでも彼女の役に立てるならと思い、三重県におられるあの黒にんにくの社長を訪ねました。

そして社長の約10年にも及ぶ苦労話、素晴らしい数々の臨床的なデータを見せていただき、驚くばかりだったのです。

通常、開発者は研究に没頭されるので どうしても販売力が不足します。
これほど膨大な資料を持っているにもかかわらず、販売はまだまだの状態でした。

私は、デザインや企画を30年以上の経験がありましたので、すぐに会社に戻り、2週間ほどで情報をまとめ上げ、「スーパ-醗酵黒にんにく」のチラシを作りました。

とは、いってもやはり最初は、口コミ。
通販のお客様もその頃は、約13000人おられましたが、
最初からたくさんのお客様にチラシでお伝えする冒険は出来ませんでした。

なので、お知り合いに口々に伝え、食べていただきました。
そして代理店募集もしました。

すると1週間も経たない間に
たくさんの方から驚きの声をいただいたのです。

「お隣の方が、ケガをした直後に食べたら、すぐに痛みがなくなって驚いた!
それですぐに買いにこられたよ」と代理店さんの声。

食べたら、体がポカポカするね。お通じが良くなった。
花粉症がすぐに軽減して驚いた。

貧血が治った。
疲れがなくなった。
朝の目覚めがよくなった。
体温がすぐに上がった。

など
たくさんの声をいただいて、
やっぱりすごい商品だと思ったのです。

そして 食べたいと言った友人にも食べてもいただきました。

「何よりこれを食べると元気になる。抗がん剤の後も痛みが軽減するみたい」
などと言ってくれたのです。

何度か家に訪ねていき、いろんなお話を聞きました。
出会ったころの彼女の印象は、とても優しい良い人でした。

こんなに良い人がなぜガンに‥?? 

しかし、それから彼女は、しばらく元気でいたものの、1年ほどして亡くなられてしまったのです。

亡くなる前にもう着られないからと下さったカシミアの黒のコート‥‥ 

今でも冬になり、そのコートを見ると思い出しながら
大切に使わせていただいています。

肝臓ガンというのは、言いたいことを心にためる人に多いと聞きます。

問題は、家族のコミニュケーションにあった気がしました。

それとは別に、黒にんにくの販売を開始してすぐの頃、東京のある商事会社の部長から電話があり

「M先輩の70歳代の父親が 白血病になったので、
 そちらが扱っている商品の話を聞きたい」

とのことで出張の際、先輩と一緒に当社の事務所に立ち寄られたのでした。

そして黒にんにくも販売開始したことをお伝えしたのです。
すると聞きにきたはずの別の商品ではなく、黒にんにくに期待をかけてみようということになり、

それから、もう5年も食べ続けていただいているのです。

6年経った今も白血球数も落ち着いておられる様子で
本当に販売して良かったと思っています。

販売し始めた頃は、多くの人に出会いその声を聞いて驚くことばかりでした。

そして こんなにも世の中にガンで苦しんでいる人が多いのかと思い知りました。

この黒にんにくの開発者の社長の思いは、
抗がん剤で亡くなって行く人を少しでもなくしたい。

1997年発表のアメリカのマクガバンレポートの中で、
にんにくが抗がんのトップ食品と評価され、

「醗酵させればもっと効果が 引き出せるのではないか」
と思いついたのが始まりでした。

最初は、電気釜を利用して醗酵の研究が始まり‥
世の中のために本当に効果のあるものをと何度も失敗を繰り返し、研究に研究を重ねて、
数百人の苦しんでいる方に無償で2年間食べてもらい確かなデータをたくさん
取得してこられました。

その思いがその時、通じたのだとつくづく思いました。

もし、私がその社長に出会わなかったら‥

私の友人が食べたいと言わなかったら‥

開発者の社長が研究を重ねて来た数々のデータがなかったら‥

スーパ-醗酵黒にんにくは、存在していなかったのです。

私がスーパ-ルイボスティーに出会いいろんな経験をさせた頂いたように、

醗酵黒にんにくの開発は、
多くの人に役に立っていると確信しています。

今、日本で、黒にんにくはブームになっていますね。
その元を作ったのが、スーパー醗酵黒にんにくの開発者である三重県、松阪のメーカーです。
当時、黒にんにくの研究で有名佐々木教授ともずいぶん交流があり、秋田の黒にんにく協会にも指導に行ったと聞きました。
マウスでの実験はあったにしても人間でのデータを取ったのは、おそらく当社の開発者がトップでしょう、多額の投資をされました。

この黒にんにくで人生が変わった人たくさんおられるのは、事実です。

食品でこれほど実感が早く効果の出るものを
私は見たことがありません。

疲れた時に食べると期待を裏切らない結果を痛感します。

現代社会の添加物や農薬等の健康被害は、信じられない事が次々起きています。

薬害による副作用等も多いですね。

人間本来の治癒力を高めるのに食品であることが一番。

難病だけでなく花粉に悩まされる人、アトピー、不妊症など多くの人が、何らかの悩みを持っておられます。

特に若い人は、体温が低いことをほとんど気にされていません。

忙しいあまりにお子さんに加工食品ばかり食べさせているお母さんも多く、
親子共々体温が低く、病気になりがちです。

このままでは、日本が危ない‥‥‥

私はスーパ-醗酵黒にんにくは、スーパ-ルイボスティー共々、日本を救えるかも知れない。

そう思っています。

私は、開発メーカーの社長の想いを聞き、この商品を日本中に拡げて行こうと考えました。

しかし、私の会社は、まだまだ小さく力不足です。

販売開始したその年は、その効果を感じ、すぐに1トン近く商品が売れました。

ですので、商品には自信があります。

しかし、世の中には、似たような商品がたくさんありますので類似商品を買ってしまう方もたくさんおられます。

人それぞれ体質は違いますが、体を作っているのはアミノ酸です。

スーパ-醗酵黒にんにくは、他社の商品とは違い、
天然アミノ酸のバランスにトコトンこだわっています。
おいしくて続けられるから、継続による効果が期待できます。

これからの高齢化社会

医療費、年金、介護の問題は、深刻です。

家族が病気になると、

いままでどおりに仕事ができなくなり、収入が少なくなる。

そして寝たきりや認知症も増えています。

現在、要介護3以上でないと国の老健施設に
入れないくらい介護が必要な人が増えています。

そして 子供達の体温が低いのもとても気になります。
ある小学校では、インフルエンザで学級閉鎖の際に
子供の体温を測ると平均が35度代だったそうです。

最近は、免疫力が低い人がとても増加傾向にあります。
さらに不妊症になる人が3人に1人と言われ深刻です。

20代の男性でも60人中まともな精子を持つ人が
2人しかいないというデータもあります。

このままでよいのでしょうか?
体は、薬だけで改善できるのでしょうか?
人間の体は、食べ物で出来ています。

薬漬けにならないように日頃から予防することが何より重要です。

今の日本は、昔の食生活や習慣とまったく異なっているため、

普通に生活をしているだけで病気の原因を作る場合があるのです。

今、日本は、アメリカの1970年代の頃以上のことが起きています。
当時のアメリカは、食が健康を作ることに気付き、
マクガバンレポートをまとめ、国をあげて食の見直しと
医療の改善をしたから今、代替医療が進んでいるのです。

それに比べて日本は、どうでしょうか?

私は、そんな食生活や健康についてみなさんに
意識を変えて頂きたいといつも思っています。

よりスーパ-醗酵黒にんにくを通して
食の安全について知っていただきたい‥

そして少しでも健康な生活を送って頂きたいと思っています。

スーパ-醗酵黒にんにくが
あなたの人生を変えることになるかもしれません。

そこで お願いです。

この日本の現状をもっと世の中に拡げて欲しいのです。
ガンや難病で悩んでいる人にもっと知らせてあげてほしいのです。

毎日の積み重ね、デトックス効果と栄養価抜群のスーパ-醗酵黒にんにくは、急な発熱などにも常備薬としておいておかれるととてもお役に立ちますよ、

家族みんなで食べていただきぜひ、健康になってください。

毎日2粒でアミノ酸1日分の10gが取れます

特にお年寄りには、実感が適面に現れるでしょう。
食が細い私の母がそうでした。
生存中は、ずいぶん、スーパ-醗酵黒にんにくに助けられました。

食事をとれなくなると人間は生きて行けません。
栄養の足りない高齢者はとても元気になりますよ。

そして、今の食生活の問題は、老若男女関わらず、
将来の日本に大きな影響を与えると思います。

世の中に食の危険や健康のことをもっと知っていただきたいのです。

スーパ-醗酵黒にんにくは、病気の予防には、
本当に役立つと確信しております。

今、特に調子が悪くないと思っておられる方にも
ぜひお勧めしたいと思います。

病気になってからでは、遅いのです。

ご自宅に常備されますと、急な体調不良にとても役立ちます。

6年販売させて頂いたからこそ、自信を持ってお勧めします。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment