もしも副作用のない抗がん剤があったら???

2016 8月 23 がん 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by 大崎 華

昨日、あるメーカーに
行ってきました。

前から気になっていた「楊振華 851菌」
の話を聞きに行ったのです。

不思議な名前・・・ヤン・シンカ

1985年に開発され、
副作用のない抗がん剤?という。

もう30年も前に開発されて密かに
売れているそうです。

日本は、薬事法の規制のため、
詳しいことが言えないのが残念ですが・・・

昔、大手製薬会社が扱っていた時期があり、
いろいろ薬事の問題や利権などの問題の末
販売中止になったとか。

その頃代理店をしていたそうで、
購入していたお客様を困らせてはいけない!
ということで輸入元になったそうです。


聞くと
ベルギー王室の最高名誉賞も受けた優れもの。
今、ベルギーにある国連に、その851菌は、
地球の有益菌の一つとして保存されているそうです。

851菌は
そのほかにもたくさんの受賞歴があります。

どんなものかというと
開発者は、中国国家優秀賞献科学者 楊振華博士。

彼女は、
現在カリフォルニア大学に所属し、
米国ガン研究学会及び微生物学会会員

日本特許は、もちろん。
中国、アメリカ、ドイツ、カナダの特許があり、
FDAも取得しています。

その特許公開の内容になんと
ガンに関するヒトの臨床データがあるのです。

果たして日本でガンのそんなデータを
持つものが他にあるのか?
そして体験事例に、驚かされたのです。

こんな商品が世の中に出ると
利権がらみで困る人がいるんですね。

そんな話をよく聞きます。

なんのための医療なのか?

なんのための薬事法なのか?

有益なものを堂々と販売できない社会に
矛盾を感じます・・・。

★ ★ ★

黒にんにくを販売した頃を思い出します。

抗がん剤を打てなかった方が
わずか1週間で免疫力が急に上がり、
逆に抗がん剤を打てることになってしまった。

私なら、打たずにそのまま
黒にんにくに賭けただろうに・・・

しかしながら、その方は、
家族の勧めもあって抗がん剤を
打つことにしたんです。

そんな方をたくさん見てきました。
抗がん剤で苦しんでいる人が多すぎる


「物は、それを生かす人に集まる」
と言われますね。

なんだか神様は私に力を貸せと
言っているように思えます。

とにかく販売を開始しました。

ご縁がある方が少しでもよくなりますように…

また、詳しいことを知りたい方は、
お問い合わせください。

▼楊振華 851菌は、コチラ
http://www.nature-rooibos.jp/hpgen/HPB/entries/68.html

«  もしも副作用のない抗がん剤があったら???  »

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment