母と子、コミュニケーションを大切にしてますか?

いつもルイボスや黒にんにくを販売していて体の健康のお話をしていますが、

体の健康は、心の健康もとても
つながりが深いですね。

私ごとですが.本当の心の健康とは、
どこからきているのか?

それは、自分の親からだと思うのです。

私の母は、生まれてすぐに
母を亡くしました。
男手ひとつで育てられたので

女性として母に聞きたい事もあっただろうし、寂しい想いをいっぱいしただろうなぁ~と思うのです。

普通の人は、母がいるのが当たり前と思っているはず。

私もそうでした。

この歳になって母の人生を振り返った時、私は、この母に何かしてあげれたのだろうかとつくづく思うのです。

母は父と結婚して仕事をしながら私達子供3人を育ててくれました。

仕事と子育ての両立でとても疲れていたんだろうなぁと思います。

生命保険の仕事をしていた頃、夜8時頃に帰宅してご飯を作り、食べた後によくテーブルでうたた寝をしていたのを覚えています。


今思うと26歳で私が嫁に行った後、30年以上経つのに2人でショッピングに行った事は、ほとんどありませんでした。

母も家族とコミュニケーションを
とるのが下手だったのかもしれません。

一緒に行こうと言われたことも
ありません。

男手ひとつで育てられたこともあり、
母にべったりする事もなかったから、私達子供との接し方もそんなものだと思っていたと思います。強い人でした。

弱音をはかず、前向きで常に明るい。
本当にひまわりのような元気な人でした。

私は、子供の頃に作ってもらったひまわりのワンピースが大好きで今でもずっと心に残っています。


母と子供のコミュニケーションがいかに大切な事か、今さら強く思うのです。

私は、自分の子供とのコミュニケーションが下手だと思います。

それは、私が母との体験が少ないからだと思います。

子育ての中でやっている行動は、自分の母との体験から来ると思うのです。

私は、23歳から、フリーの仕事を始め、仕事ばかりしてきました。

子育ては、無我夢中でした。
大切な事を置き去りにしてきた気が
します。


本当に大事なものは、何か?
親子のきずなをしっかり作ることは、
本当に大切な事です。

私と母は言葉の掛け合いが下手な方です。それは、当然のように
私の子供へもつながっていきます。

しかし、子供は、進化していますね。
そんな私の事は、お見通し。

愛情とは、空気のようなもの。

でもちゃんと向き合わないと通じない。

いい加減な対応をしていると
ちゃんとお見通し。


自分とは、どんな人間なのか?
それは、母の育ってきた環境からきているということが、とてもよくわかるようになりました。

こんな事をもっと早い時期に知れば、人生も変わるであろう。

そして 自分の子供たちの行動も私の暮らしてきた環境やその性格や行動から
きていると思うのです。

子供をなんとか変えたい、
そう思う前に自分を知り自分を変えない限り、子供は変わらない。

私は、今更ながらですが、
これからもっと子供達と良い思い出をいっぱい作りたいと思います。

今まで仕事ばっかりしてきました。
人生で一番大切な事。
ゆっくり考えたいと感じています。

もし、子供の事を悩んでいる人がいたとしたら、その原因は、自分にある事に気がついて欲しい。

そんな事を思うようになりました。

死というのは、自分を知るきっかけ。

人生とは、深いですね。

«  母と子、コミュニケーションを大切にしてますか?  »

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment