親は、子供を守るのが使命

以前にアトピーの体験でいただいた子供さんのお写真。ルイボスを販売しているとそのご家族の様子を感じさせていただき感謝しております。さて、

親は、子供を守るのが使命!

おはようございます。
朝、ラジオを聴いていると
こんな話が飛び込んできました。


東北大震災の被災者の
お父さんの話

洪水に巻き込まれた子供2人のうち1人が見つからず、いまだに探していると

1人は、見つけた時すでに遅かったそうです。
もう一人が見つからず、
見つけたら抱きしめて謝りたいと…

親は、子供を守るのが使命だと言われていました。

その時、奥様は助かり、
お腹に子供がいてその後、
無事に出産されたそうです。

お父さんは、もし、その時にもう一人の子供さんが見つかり亡くなっていたら、自殺していたというのです。

見つからなかったから、いまだに探していて自分は、生かされている。あの子が自分を生かしてくれたというのです。

親は、子供を守るのが仕事。

しかし、最近の残酷な殺人は、多くが子供達に起きています。

親は、いったい何をしているのでしょうか?

子供を守れない親。
子供を殺した子供達や
子供を殺した親の過去に何があったのでしょうか?

子供は、幼い頃の親から受けた生活習慣から育っています。

虐待をうけ、愛のない育て方をされた子供がいかに多いのか?最近、とてもその話を耳にします。


そんな子供が親になった時、
また、同じ繰り返しをする。

愛とは、いったい何なのかと
考えさせられます。

親は、最初からプロの親ではありません。

誰も悪くないんです。

その親もそのまた親も連鎖していくのです。

コミュニケーションの取り方がわからなく、知らない間に人を傷つけ、大人になっていく。

もしもそれがにきずいたら、その時点で過去を捨てて
反省し、新たに自分を変えていけばよいことに気がつきました。

間違いだらけの子育てをしているのは、普通のことです。

そんな事をつくづく感じさせられるお話でした。

こんなにも子供を愛している親がいるのだと思いました。

さて、自分は、どうなのか?
愛とは?

難しいけど難しくない

無条件に子供を愛するとは?どういうことなのでしょうか?

人生で最も大事なことですね。きっと

«  親は、子供を守るのが使命  »

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment