腸がきれいでないと健康には、なれない。

2015 1月 19 健康になる!, 最近のこと 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by 大崎 華

お正月が過ぎて腸の調子は、どうですか?

私たちの体は、食べ物で出来ています。

毎日、食べるもの、習慣が
病気の原因に大いに関係しています。


私がルイボスを販売するまで
そんな事を真剣に考えたことがありませんでした。

多発性ポリープになったことで
なぜなったのかを考えているといろんなことがわかるようになりました。

ルイボスほど腸をキレイにするお茶は、ないのでは?そう思って皆さんにオススメしています。

私たちは食事から栄養を吸収し、その栄養を含んだ血液を全身に行き渡らせる事で、
全身を構成している約60兆個の細胞を養っています。

その栄養豊かな血液を作っているのが腸管です。
腸の血管から吸収された栄養が肝臓へ行き、肝臓から心臓へ行き、心臓を経て全身の細胞へ栄養が送られるからです。

腸の血流の良し悪しを決めるのは、腸の蠕動運動です。
腸の動きが悪くなると、腸の中で鬱滞が生じてしまうからです。

腸管の血流が悪くなれば、充分な消化ができなくなるので、
必要な栄養を吸収できなくなります。

吸収されなかった栄養は大量に腸管の中に残り、腐敗し、腸内環境を悪くします。

腸内環境が悪くなると、腸内の悪玉菌が増え、腸の消化吸収能力はさらに悪くなります。
汚れた腸からは汚れた血液しか作れません。

汚れた血液は毒素や腐敗物などを多く含みます。

汚れた血液は、肝臓から心臓へ運ばれて全身へ行き渡り、脂質代謝を悪化させる事で内臓脂肪として溜まっていきます。

消化吸収が悪いと、脂肪が蓄えられるのに、全身の細胞は充分な栄養が行き渡らない低栄養状態になるので、疲れやすくなったり、新陳代謝が悪くなったりします。

腸内環境が良くなって綺麗な血液が作られるようになれば、
全身に栄養を含んだ血液が行き渡るので、栄養がエネルギーとして消費され、不要な脂肪を蓄えずに済みます。


細胞に充分なエネルギーが行き渡れば、新陳代謝も良くなります。

«  腸がきれいでないと健康には、なれない。  »

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment