黒にんにくのアミノ酸が良い理由?

醗酵黒にんにくは、アミノ酸そのもの。
スーパー醗酵黒にんにくが開発が始まったのは、10年前。

アメリカでガンや糖尿病が増大し、国をあげて食生活の改善が始まりました。


人間の体を作るのは、食べ物。
薬では、限界があると発表されてのが、デザイナーズフーズ計画のマクガバンレポートです。


その時、にんにくが抗がんのトップ食品と言われ、にんにくが大人気に‼️

ただ、それを醗酵させた方がもっと良いのではないかと気がついたのが当社の黒にんにくを開発した三重の会社の社長です。

もう、10年以上経ちますが、なぜ効果があるのかを研究し続け、約10億以上のお金を投資してきました。

醗酵に成功したものの味が悪かったり、成分にばらつきがあったりでなんども繰り返し今に至ります。

本当に安定したものが出来たのは、5年ほど前。

では、黒にんにくがなぜ良いのか?
それは、アミノ酸バランスなんです。

人間は、食べ物を食べるとそれが消化酵素によりアミノ酸に変わるのですが、醗酵黒にんにくは、すでにアミノ酸そのものなので消化酵素なしですぐに細胞に変化しやすく体感が早いのもその原因です。

食べるとすぐに体がポカポカしたり、急に元気になってきます。


もちろん人によって差は、ありますが、
アミノ酸バランスも悪いと結果も違います。


そしておいしくないと続かない。
開発当時は、味が悪かったり、醗酵に失敗したりで大変だったそうです。

そして臨床的なデータもなく想像でしか
良さを訴えられなかったので、がんに効果があると思って飛びついて黒にんにくの会社を作った人たちは、潰れていったそうです。

それでもより食べやすく効果のあるものを開発し続け良いものが出来ました。

私がこの黒にんにくに出会ったのは、
2010年。最初は、ウソかと思いましたが、いろんなデータを見せていただき、

こんなに結果の出るものが世の中に出たら、ガンや難病の人達にとても役に立つだろうと販売を開始したのです。

約200人の医者から見放された人に無料で配り2年間食べてもらったデータを保有しているのです。

おおよそ、5000万円は、投資をしたそうです。
私がこれに出会ったのもちゃんと意味があるんだろうと思います。

販売し始めてその効果に驚かれ、たくさんの方に喜ばれています。


病気を改善するのは、あくまで自分の気持ち次第です。あきらめずに学習していると本物に出会いますね。

本物の食品は、ちゃんと体を改善してくれます!薬に頼らない食生活で健康な毎日を送ってください。

«  黒にんにくのアミノ酸が良い理由?  »

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment