毎日、玉ねぎを食べると健康になる。 2014/10/01

ケルセチンって?
知ってますか?


昨日、朝のラジオで玉ねぎの話をしていてケルセチンの話をしていたんです。



玉ねぎには、ケルセチンがたくさん含まれていると。 

ケルセチンの効果は、なかなかのもの。



ケルセチンは、フラボノイドの一種でタマネギに含まれる色素として知られています。

抗酸化作用をはじめ、ガンの予防、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病の予防、花粉症など炎症を抑える効果など多く報告されているようです。



実は、スーパールイボスティーにもケルセチンが含まれているんです。

特に けいれんを抑える効果があるんです。



飲み過ぎ、二日酔い胃けいれん、

あかちゃんの吐き戻しつわりなど



みんなけいれんと関係しますがそれを抑えてくれるそうです。

だからつわり中のお母さんには、ぜひお勧めです。

前に勤めていてくれた事務員さんも妊娠中、つわりが本当になくて喜んでいたのを思い出します。

そして飲み過ぎだときは、めちゃ助かりますよ。アルコールがすぐに分解するみたい。

玉ねぎの話にもどりますが、さらさらゴールドという玉ねぎがあるそうです。ケルセチンをたくさん含むものとして開発されたそうです。

玉ねぎは、本当にいろんな生活習慣病にいいようで毎日4分の1個食べると病気知らずというそうです。

こんな本もあります。








«  毎日、玉ねぎを食べると健康になる。 2014/10/01  »

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment