子宮を温める健康法

先日、本屋さんで本を見つけました。
子宮をあたためる健康法という本です。
昔の男性も女性も、もっと体があたたかかった。だから、免疫力はかなり高かったんですね。
結局むかしの食べ物から命をもらっていたんですね。生命力のある食べ物が今、すごく少ない
しかし、免疫力をあげる方法は、いろいろあります。ぜひ、挑戦して欲しいものです。

002

子宮を温める健康法?

不調に悩む30代~40代女性の不調がなくなる食の教えを書いた若杉友子さんの本を見つけました。その中に書いてあることを少しお話します。

現代社会は、重い生理痛、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫、不妊症に悩む女性が増えています。とにかく最近の若い女性は、体温が低い人が多い。私も何人もの子宮筋腫の女性に出会いました。現代女性のからだが不調なのは、子宮が冷蔵庫のように冷えきっているから?おしゃれを優先するあまり、知らない間に体にいろんなものを取り込んでいます。毛染め、シャンプーリンス、添加物の食品、防腐剤入りの化粧品など、世の中には女性の体に危険なものがいっぱい!

「命のある食を食べること」

本物の食べ物を選ぶ
昔の女性の体は陽性で、子宮が温かかったといいます。先祖伝来の穀物中心の質素な食生活だから、体温が高く、性格がからっと明るい。そして朗らかでおおらか。現代人とは比べものにならないほど強くたくましかったのです。

冬にしもやけが出来る人は、甘いもの、果物、生野菜など陰性に偏っています。手や口のまわりが荒れている人は、子宮がものすごく弱っています。女性にまつわる不調や病のほとんどが子宮の冷えから起こっているのです。すべて不調は、自分の毎日の食生活が作っているんです。食の陰陽を感じながら体を冷やさないものをバランスよく食べて生きることが大事。その代表がみそやしょうゆなどの醗酵食品です。大豆そのものは、体を冷やすので冬にたくさんの湯豆腐や冷奴は禁物です。

昔の女性は体温が高くオリモノなんかなかった

今の女性は、貧血、冷え症、低体温になるものばかり食べているからオリモノと縁が切れません。オリモノが多いということは、子宮の中の悪い雑菌から、体を守ろうとしているからなのです。質素な食事にオリモノはないのです。

日本人の食習慣は、戦後アメリカに洗脳されたもの

戦後、日本は、欧米のカロリー栄養学を押し付けられ、肉がスタミナ源、牛乳はカルシウム源と洗脳されてすり込まれてきたそうです。毎日、肉や卵、牛乳、乳製品を食べ続けることで血液が汚れ、アトピー、花粉症、がん患者が増え続け、不妊症が増え、少子化時代になってきています。砂糖は精製され、塩素で漂白されています。白砂糖は、大量に取るとカルシウムやミネラルを失い骨粗しょう症の原因に。卵はほとんど無性卵。生命力のない卵が出回っています。安い卵は、出産前の女性にとって大きな問題が!本物の食品がわからなくて病気で往生しているのが現代の姿です。

今こそ本物を見極めて健康な食で体をつくり直す

子宮を温めると健康になる。不調の原因は低体温から命と暮らしを考える。
あなたの体は食べたものでできている。食べ物が変われば血液が変わり、血液が改善されれば細胞が変わり、細胞が変われば内臓が変わり、内臓が変われば全身が変わる。そうすれば、考え方や生き方が変わり、人生までもが変わってくる。幸せな未来は食べ物から。
本物を見極め、質素な食生活が大切。そして、命のある食を選んで食べることこそ、大事なことです。

★神社は女性を表現してるんだそうです
女性は「神さん」
子宮は「子の宮」
産道は「参道」

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment