やっぱり薬害だった! 2014/04/10

2014 4月 10 最近のこと 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by 大崎 華

o0480048012904131418


o0480064012904123096


今日は、母の退院1ヶ月後の検診日。
検診の後にカフェでモーニング。

病院に退院後の検診に行って来ました。
3月10日に退院してから、
すっかり元気です。


2月27日の日に入院。

全身の湿疹とともに高熱が出て
原因不明で肝臓数値が異常にあがり、
検査ばかり。


結局、原因は、薬害でした。

1月にけいれんを起こして薬をもらい、
1ヶ月半飲んだあとのことだったのです。
1月のけいれん後、次回の検診2月27日までは、受診なしで45日分の薬をもらって帰ったんです。


けいれんはすぐにおさまったが、
言われるままに薬を飲んでいました。

ホームに頼んでいたので私も
もう少しチェックすればよかったと反省しています。


元気になっているのに薬を飲む必要がなかったと思います。


母は、時々、食欲がなくなります。
その時も薬を飲むから、今回、聞いたとき、体に負担が来たのだとすぐにわかったんです。

しかし、あとのまつり。

全身の湿疹は、今までに経験がない。
肝臓の数値もとんでもなく上がっていて心配しました。

病院は、病気の原因を追求するのが仕事。

ひどい話が、詳しい検査でも見つからないガンが潜んでいるかもしれないと言われたんです。

だから!!!!???

人間は、みんながん細胞を持っているんだから、大騒ぎして

「どないしよっちゅうの?」

若い医師は、本当に腹が立つ!
人をどうしても病気にしたいのか?
って思うわけです。

もっと
根本的に体を治すことの意味をもっと知ってほしい。

なんどか、喧嘩しそうになった。

何度も血液を取られ、悲鳴をあげてみてられなかったです。


とにかく体温がいつも冷たいから、
遠赤外線のタオルケットを持ち込み
食べられるものは、なんでも持って行来ました。

病院は、患者がご飯を食べない時 点滴しかないんです。

これでよいのか?

隣で食事も出来ず、寝たきりの老人が寝ている。なんとかしてあげれないのか?と何度も思いました。


本日、検診に行って来ました。
もう、3月10日に
退院してから、すっかり元気です。
今は、元に戻って薬もなし。

前より元気になり、ご飯もよく食べるようになり、意識もしっかりしてます。よかったぁ!


病院では、検査しても何もわからず、結局、前の薬をやめただけ。
入院費用は、6万円強。高っ!

それも1割負担ですよ。

高齢者なのであとで少しは、帰ってくるとはいえ、矛盾を感じます。

でも よかったことがあります。
母と2人の時間がたくさん出来たこと。


母は、さみしくなると病気になるのかなぁ!ほっておくと病気になって呼んでくれるのかなぁ!


もうちょっと親孝行して欲しい?
会いたいって思うから体が自然にそうなるのかなぁ?


小さい子供の心理と同じかもしれません。体は、心と繋がってるから、意識なしでそうなるのかもしれません。


もっと親孝行しないとダメですね。

反省!

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment