脳波とリラックス効果   

2013 5月 17 不眠症, 脳と自律神経 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by 大崎 華

注目すべき脳波、アルファ(α)波について

人の脳は常に微弱な電流を出しています。それを波形であらわしたものを脳波とよび、深い睡眠時に出るデルタ波、浅い睡眠時に出るシータ波、目覚めていて五感が働き意識が緊張している状態(日常の動作)に出るベータ波、そして脳波の中でも心身をリラックスした時や、好きなことをしている時に出るアルファ(α)波の4種類に分かれています。

その中でもアルファ(α)波が出ている状態は、人の五感をはじめとする能力を十分発揮することができ、効率よく心身が活動しているので集中力が高まり作業に成果があらわれます。また、ストレスがたまらない状態にあり、免疫力が高まるなどさまざまな利点があるといわれており、モーツアルトをきくと仕事の生産効率がかなり上がるといって製造業で導入している会社もあります。また、スポーツ選手がアルファ(α)波でトレーニングして能力開発をおこなっていることもよく聞く話です。しかし、このアルファ(α)波を意識的に出すことはほとんど不可能だといわれています。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment