電磁波の危ない話

ケータイ、IH調理器で脳腫瘍、がんになる!?

大気汚染に水質汚染、ハウスダストにアスベスト・・・
私たちの生活に蔓延する“有害物質”の猛威はとどまるところを知りません。

そんな今、あらたな脅威として注目されているのが「電磁波」なんです。
目に見えず、匂いも無く、“利便性”という現代人の好物をエサに、すっかり私たちの生活に入り込んでしまった恐るべき有害物質の実態と健康被害の防止策を、環境問題に詳しい評論家の船瀬俊介氏が新聞では発表したお話をもとにお伝えします。

脳細胞やDNAに振動を与え、染色体損傷を引き起こす電磁波・・・
日本人は国際基準の1万倍の電磁波にさらされている!!

28_data

目に見えないからわからない電磁波は身の回りに満ちている。携帯電話は、DNAの損傷にも関係が!

サラリーマンの人がよく胸のポケットに携帯を入れていますが、本当に安心していいのでしょうか?

電磁波とは読んで字のごとく、電気と磁力のエネルギー波のこと。
基本的に
1.目に見えない
2.真空中でも伝わる
3.高速で伝わる
4.それぞれ周波数(1秒間の振動数)と波長(エネルギーの波頭と波頭の間の距離)がある

という特徴をもち、その種類は周波数によっていくつにも分類されるそうです。
電磁波の中には紫外線や赤外線などの“光”も含まれますが、健康上の有害物質として問題視される電磁波とは通常“電波”と呼ばれる領域の物をさすそうです。

周波数の高いエックス線やガンマ線などの放射線は、以前から人体への有害性が知られていましたが、超低周波から高周波までの電磁波については、「安全性に問題なし」と考えられてきました。日本では現在もこれら電磁波については「安全」というスタンスを崩していません。

電磁波が2~3mGになると小児がんの発生率が急上昇

私たちが日常使う家電製品はすべてこうした電磁波によって稼働しています。

これはほんの一例に過ぎませんが
蛍光灯が100mG(ミリガウス)以上、エアコンが40~100mG、
電気カーペットにいたっては500mGという電磁波を発生させているそうです。

高「電磁波」発生装置“ケータイ”を私たちは持ち歩いている

わずか十数年の間に普及が進み、今や日本人の生活になくてはならない存在になった携帯電話。だが、それほどまでに便利なケータイこそが、電磁波問題を象徴する重要なアイテムであるのも事実。ケータイが原因で脳腫瘍やがん、慢性疲労症候群や各種精神疾患など、その因果関係が次々に明らかにされているそうです。

アメリカでは携帯電話使用者の発がん訴訟が続発

地下鉄や電車に乗る度に耳にするアナウンス。
「優先座席付近では電源をお切りくださいますよう、みなさまのご協力を・・・」
心臓ペースメーカーをつけた人のそばでケータイを使うと、その電磁波がペースメーカーに誤作動を与える危険性がある、ということによるものですが、このことひとつをとってみても、ケータイがいかに人間の体にとって相容れない存在であるかがうかがえます。

船瀬俊介氏によると「ワシントン大学で行われた実験で、ケータイと同じ電波を2時間ネズミに照射し、その後ネズミの脳細胞のDNAを調べたら、照射したネズミは照射しなかったネズミに比べて60%もDNA損傷が進んでいたという結果がでました。こうしたケータイの電磁波によるDNA損傷を裏付ける実験は、他にもいろいろな研究機関で行われており、染色体異常が増加、染色体DNAを損傷、マウスの脳と睾丸のDNA断片サイズの変化など、その影響はあきらかなのです。」

アメリカでは1990年代から携帯電話が発する電磁波が原因とする脳腫瘍が頻発し、ケータイメーカー各社が相次いで訴訟をおこされているのです。

子供たちへの影響は計り知れない

ケータイの発する電磁波は、脳腫瘍以外にもさまざまな症状を誘引します。めまい、不快感、集中力の低下、物忘れ、疲労感、頭痛といった不定愁訴が多く、原因を知らずに苦しんでいる人は国内だけでも無数に存在するそうです。

最近では、子供でも当たり前のようにケータイを持ち始めました。大人でさえこうしたリスクを抱えているのに、頭のサイズの小さな子供が使えば、あらゆるリスクは一気に増長するでしょう。きわめて憂慮すべき事態なのです。

電磁波_新聞

こうすれば被害を防げる!上手なケータイ利用法

「耳から離す」

発生源から離れるほど急速に弱くなる電磁波の習性を利用し、耳に直接押し当てて話すのではなく、少し距離をあけて話すように心がけます。
3~4cmも離せばリスクは急減。アメリカではケータイを押し当てている側に脳腫瘍ができるという報告もありますので、ぜひ実践してみてください。睡眠中は、脳も防御が出来ていないので特に危険。1mほど離して寝るとよいと聞いています。

私は、敏感なのか携帯で電話をしていると耳が痛くなったり、耳鳴りがしやすくなったと感じています。常に携帯に触れる習慣をさけた方がよいようですね。

イヤフォンで話をすることもいいでしょう!毎日の積み重ね。とにかく気をつけるに越したことはない。そう思います。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment