すべては、今のためにあったこと! 2014/02/05

ブログを見ているとみんないろんなことを悩んでいるなぁ!と思うんです。

今日は、中山靖雄先生の本をご紹介します。
o0480072812835870827



この本を電車で読んでたら、涙が止まらなくなって…


横で主人が電車の中で読むな!^_^と笑われました。ドキドキドキドキドキドキ


人間は、生まれた時、魂を持って生まれてきます。じつは、魂(たましい)というのは、「たま」と「しい」に分かれるのだそうですよ。はてなマーク


「たま」は、御霊ともいい、生まれた時に天からもらった天本来の動きをするもので「しい」は「心」だそうです。
楽しい、嬉しい、悲しい、惜しい、などと感情を表す言葉には、「しい」がついていますね。


生まれてから、人間は、環境によってどんどん自分中心とした思いが働き、喜びや悲しみを感じて生きて行くのだそうです。


だから、「たま」は、無自覚に天から与えられた自分の役割を果たそうとしますが、
「しい」の心がないと生きていけないそうです。「しい」がなければ私達は、具体的に行動を起こせないし、形に出来ないそうです。ドキドキビックリマークビックリマーク




人は、「たま」通り生きるために「しい」である心を使っているのだそうです。


しかし、心だけの世界にとらわれると「業」の世界になり、「苦」を生むそうです。


いくら、心が必要だと言っても自分の思いばかりで、我を強め、思いすぎ、悩みすぎは、人生の苦しみになってしまうそうです。アップ


心にとらわれないで生きている人は、
「みたま」通りに生きている人です。
「みたま」通りに生きると喜びの多い人生になるようです。


時々、自分を振り返り、この世には、何一つ我が物はない!感情を抜いた時、今、自分が生きている事に感謝できるようにしてみると、不安や悲しみ、悩みを持つ必要がないと感じることができます。


欲があるから、悩むんですよね?
でも欲がなくては、楽しくない。
人生って不思議なものです。!!!!

«  すべては、今のためにあったこと! 2014/02/05  »

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment