知らなかった!農薬の使用回数

サイトで見つけました。
11日に四日市で食育セミナーに行ってきました。
農薬の話を聞いて驚き,調べてみました。

恐ろしいくらい農薬が使われているんですね。
最近のきゅうりって冷蔵庫に長い間おいておくと
ずるずるになりませんか?

気持ち悪くなるのですが,それは,農薬のせいだったのですね。
おそろしい~。
誰も信用できなくなりますね。

農家の人も大変。農薬を使わないと納品すると
売れない野菜になる。

私たち消費者がもっと真剣に取り組まないと
えらいことです。

======================
普通栽培野菜栽培の農薬使用回数(慣行レベル)
2009年福岡県調査

野菜・品目

農薬使用回数

きゅうり 56
すいか 16
トマト 54
ミニトマト 53
なす 59
ピーマン 16
いちご 63

スイートコーン 9
オクラ 13
えんどう 11
いんげん 9
キャベツ 11
ほうれんそう 9
春菊一斉収穫 6
結球レタス 10
セロリ 15
ブロッコリー 11
ふき 13
にら 36
葉ねぎ(小ねぎ)8
たまねぎ 9
アスパラガス 18
チンゲンサイ 7
しそ 30
パセリ 34
こまつな 7
みずな 7
だいこん 7
かぶ 11
にんじん 9
かぼちゃ 12
まくわうり 14
メロン 22
にがうり 22
はくさい 15
ばれいしょ 8
さといも 8
白ねぎ 23
パプリカ 62
にんにく 9

果実・品目
温州みかん 21
かき 21
ぶどう(有核)21
なし 31
もも 19
すもも 14
うめ 16
キュウイフルーツ 10
いちじく 15
ブルーベリー 6
くり 9
マンゴ- 14

お茶 8

この農薬使用回数の多さに驚かれたことと思います。
福岡県に限らず、各地域でも似通ったものと推測します。

このような農薬頻回使用の現状は、決して本来の農業ではありません。
消費者がこの現状を知り、「こんな農産物は食べたくない」と
声を上げるようになれば、農業は正しい方向に向かうはずです。

また、この現状は消費者や生産者の希望でなされたものではないのです。
流通の中間業者や農水省の要望がこの事態を招いたものと考えられます。

農薬被害は消費者だけでなく、一番最初に農薬を吸い込む
生産者が最もひどいものとなります。
有機農業や自然栽培が叫ばれていますが、
日本農業に実態は農薬に依存してるのです。

参考資料:緑の農園直売店、野菜のカラーシールチラシ。
緑の農園は福岡県糸島市のあり、
無農薬による健康卵、野菜、ケーキを通じて健康を考えています。
http://www.natural-egg.co.jp/

無農薬・減農薬・有機栽培には、
農薬に分類されない天然害虫忌避ニームオイルがよいらしいです


野菜・果物栽培の農薬使用回数は上述の通りすさまじいものでしたが、
これ以上に自然を破壊しているのが合成化学肥料です。

窒素過多による硝酸態窒素含有の多いさは、
がんの原因になりますし、血液にもよくありません。

土地を痩せる原因にもなります。
根茎類の線虫対策には無防備です。

土壌改善と線虫などの害虫忌避、
作物の品質とコクを上げるためには、
アザディダクチン1000ppmのニームケーキが良いそうです

==============================

このような話を聞くと
とにかく
農薬を避けては、生活できない

家で購入する野菜を防げたとしても
外食は,かなりむづかしい。

そう思います
とにかく毎日デトックスすることが大切です。
私がおすすめするのは、ルイボスと黒にんにく。
お役に立てたらうれしいです。

大崎 華


«  知らなかった!農薬の使用回数  »

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment