天然アミノ酸の働きは?

天然アミノ酸どのように体に働くのか?

病気になるのは全て「免疫力」の問題と思われていますが、そうではありません。神経伝達物質などに関わる疾患は免疫力とはあまり関係がありません。免疫は外部からの侵入者に対して備わった生体防御システムで、「ガン(異物)」や感染症などの原因となるウイルス、バクテリアの侵入に対応するものです。

★免疫細胞の活性   病気に対して大切な細胞を新しく造ります。
★細胞分裂の促進   全ての細胞活性を図り、若返ります。
★病変細胞の修理   共同で病変細胞の修理にあたります。
★生命物質の増産   ホルモン・サイトカインなどを造ります。
★神経伝達物質の塊  アミノ酸は神経物質そのものを含有しています。

発明エジソンの予言

未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気の本来の原因を探し、予防するという生命の基本を大事にして治療するであろう。
トーマス・エジソン

120年前に食の大切さを見抜いた有名な予言です。実際、現代医学、対症療法で生活習慣病の根本的治療が不可能であることは、何年もお医者さんに通っている患者を見れば一目瞭然です。
*ちなみに現在世界のこの「治せない医薬品」の年間売上高は350兆円に上ります。これからの時代、食が命を作っていることに注目して、食生活をしっかり見直し、体をつくるために何を食べるべきかを再度確認したいものですね。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment