醗酵黒にんにくに含まれるアミノ酸

「醗酵したにんにくは食物由来の天然アミノ酸になっています」いろいろなアミノ酸食品が出ていますが、本当に効果を感じるのは、植物醗酵のアミノ酸食品。代表的なものは、お酢。最近は、その効果を認められ,黒にんにくのアミノ酸効果が話題になってきています。

アミノ酸とは?

アミノ酸は生命の源~人間はアミノ酸からできている~

私たちの体の約60%は水分です。そして残りの約40%のうち、約半分はタンパク質からできています。タンパク質は、体をつくる内臓や血液、骨、筋肉などの主成分であり、体の組織そのものをつくりあげている材料です。

そして、そのタンパク質を構成しているのがアミノ酸です。アミノ酸の宝庫、醗酵黒にんにくはこれと同一成分になっています。10万種類にも及ぶタンパク質は、わずか20数種類のアミノ酸の様々な組み合わせによってつくられています。これら20数種類のアミノ酸はタンパク質の材料として使われる他、必要に応じて体のエネルギー源としても利用されます。

下記は、当社が販売している黒にんにくのアミノ酸成分です。メーカーにより、成分があいまいなものが多いので確認をして購入された方がよいかと思います。成分と醗酵の技術で味も効果も違います。

008

必須アミノ酸と非必須アミノ酸

20数種類あるアミノ酸の中で、特に重要なアミノ酸を必須アミノ酸といいます。
必須アミノ酸は体内でつくることができないため、毎日の食事から摂取するしか方法がありません。
こちらはひとつでも不足すると血液や骨、筋肉をつくるのに必要なタンパク質を合成できないため、
バランス良く摂ることが大切です。

その方法として、醗酵黒にんにくを食べることによって、バランスよくアミノ酸を摂取することが出来ます。また、非必須アミノ酸は、必須アミノ酸と違い体の中で合成できるアミノ酸ですが、これもタンパク質を合成する材料となり、それ以外のさまざまな働きもします。

アミノ酸5つの効果

1.免疫力アップ

★アルギニン ★グルタミン
人間の免疫力は、免疫細胞が体内に侵入してき他ウイルスを攻撃することで働きます。
しかし、体力が低下すると、免疫細胞の働きが鈍くなるので、風邪をひきやすくなり、疲労回復が遅くなります。アルギニンには、ウイルスなどの病原体を無毒化するマクロファージを活性化させる作用があり、グルタミンは免疫細胞の発育と増殖を促進させる作用があります。

●血中のアミノ酸濃度を高めて免疫力をアップすれば。感染症にかかる確率が軽減されます。
●アミノ酸を上手に補給し、病気に強い体づくりに役立てましょう!
●ビタミンA・ C・Eを同時に摂取すると効果が高まります。

★アルギニンを多く含む  醗酵黒にんにく、玄米、ナッツ類
★グルタミンを多く含む  醗酵黒にんにく、豆腐、小麦類、海藻、納豆

アルギ・グルタミン→→→免疫細胞を増やしマクロファージを活性化→→→免疫力アップ→→→感染症等を予防

2.体力アップ

★ロイシン ★イソロイシン ★バリン ★アルギニン ★グルタミン
ロイシン、イソロイシン、バリンはBACC(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれ、スポーツ時のサプリメントとして
よく使われています。BCAAは筋肉内でエネルギー源として作用し、傷ついた筋肉の修復もしてくれます。また、筋肉痛おもととなる乳酸の発生を抑える作用があるので翌日に疲れを残さないという作用もあります。

●体に感じられる疲労感を緩和する他、だるさやイライラ、倦怠感などの脳疲労を軽減します。
●激しい運動をする時は筋タンパク質の合成を促進するアルギニン、消耗が著しいグルタミン酸も摂取するといいでしょう。

3.集中力アップ

★チロシン ★アルギニン ★フェニルアラニン
★イソロイシン ★グルタミン酸 ★トリプトファン
チロシン、アルギニン、フェニルアラニン、イソロイシン、グルタミン酸の5種類のアミノ酸は、別名プレーンアミノ酸とも呼ばれ、脳の働きを活性化させ、集中力アップに格段の効果をもたらします。脳の情報が伝達されるのを手助けし、記憶を長持ちさせる働きもあります。特にチロシンは、脳の神経伝達物質ドーパミンの原料となり、脳の働きを活発化させ、集中力を高めます。
●頭をよく使って仕事をする人や、受験勉強中の学生さんにもおすすめです。
●トリプトファンは、脳をリラックスさせる神経伝達物質セロトニンの原料となり、脳の疲労を回復させ、特に集中しやすい状態をつくります。

4.脂肪燃焼促進

★リジン ★プロリン ★アラニン ★アルギニン
「ウォーキングなどの有酸素運動を20分間続けることでやっと脂肪が燃焼し始める」といわれるように、体内の脂肪が燃焼するには少し時間がかかります。そこで、この4つのアミノ酸を摂取することで、脂肪を分解するのに欠かせないリパーゼという酵素を活性化し、血中の遊離脂肪酸を増やします。この時に適度な運動をすると、脂肪が効率的に燃焼されるため、ダイエットに効果的です。
●アミノ酸を摂取するのと同時に、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動を行うことで、より早く脂肪を燃焼させることができます。
●空腹時や運動を始める30分前に服用すると、より効果的です。
●ビタミンB群と併用すると、より効果的です。

5.肌再生力

★プロリン ★シスチン ★アルギニン
上記のアミノ酸はコラーゲンを構成し、運びや細胞マトリックスの材料となり新陳代謝を高め、より効果的に肌を保湿します。また、紫外線の刺激で起こったメラニンの過剰生成を抑え、活性酸素を除去する働きがあります。これによってシミや皮膚がんを予防することができます。
●コラーゲンを行き渡らせる働きのあるビタミンCと併用すると効果的です。
●アルギニンの摂取は、細胞の増殖と成長に関係があり、血液改善により肌の代謝を促進する効果があります。

その他の効果

【肝機能補助】

★グルタミン ★アラニン
アミノ酸な中でも上記の2つは、アルコールをすばやく分解する働きをもっています。
また、これらは肝細胞再生のエ陥りやすい脂肪肝を修復する一助にもなります。

【糖尿病予防】

★アルギニン ★アスパラギン ★ロイシン ★イソロイシン ★バリン
これらのアミノ酸は、すい臓からのインシュリンの働きを高めることによって、血糖値を低下させ糖尿病を改善します。
特にアルギニンは糖化抑制作用、抗酸化作用、一酸化窒素作用などにより、糖尿病合併症を予防、改善します。

【生活習慣病予防】

★アルギニン
アルギニンは体の中で、一酸化窒素という大変重要な成分を生成します。一酸化窒素は血管を広げ、血液が固まるのを防いで血液の流れを良くし、動脈硬化を防ぎます。つまり、アルギニンは、一酸化窒素の産生を増やすことで高血圧を予防するだけでなく、動脈硬化、痴呆、骨粗鬆症、胃潰瘍、肝障害などの老化病(生活習慣病を含む)を予防、改善します。

【髪補修効果】

★シスチン ★アルギニン
髪の主成分であるケラチンタンパクを構成しているのもアミノ酸です。最近はアミノ酸配合のヘアケア剤などが多く販売されていますが、アミノ酸配合シャンプーは合成洗剤よりも皮膚に対するダメージが少なく、肌を乾燥させにくい性質があります。
使用する際は、自分に髪にあった物を選びましょう。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment